個別指導の学習塾base-栗東校のブログ

熱を込める。

8月が終わります。

長いようで短かった夏休みは、あっという間に終わりを迎えます。

 

 

さて、夏休みの時間をどのように過ごしましたでしょうか。

有意義で、充実した、日々だったでしょうか。

 

 

講習会の方も今週末で終わります。

 

中1、中2の方は先週にテスト受けてもらい、中3の方は9月3日に会場で模試を受けてもらいます。

 

このテストで夏休みの成果が出ていることを期待したいところですが、なかなかどうして、まだまだ勉強に対する意識が低いことが気になります。

 

 

特に、中3の受験生。

 

このままでは、一部の生徒は志望校の変更を提案しなければなりません。

 

本日もなかなか勉強に対するやる気がない生徒を叱っていました。

 

 

入試まで残り半年を切っています。

 

年内には志望校を決めることになるでしょう。

 

”めんどくさい”けれども…。

お盆が過ぎてもまだまだ暑い日が続きますが、元気に過ごしているでしょうか。

夏休みのもう残り2週間ほどになりました。

 

夏休みの宿題は終わっていますか?

 

各科目のワーク、人権作文、読書感想文、自由研究などなど。

栗東校に通ってくれている生徒に聞きますと、作文のような”めんどくさい”ものが残っている様子です。

 

そんなときは松岡修造さんの

 

「よっしゃ!めんどくせぇ」

 

という言葉を思い出してみるのはどうでしょうか?

”めんどくさい”という気持ちはだれもが抱くものです。

その気持ちを少しでも前向きに捉えるために「よっしゃ!」というそうです。

 

そんな気持ちで”めんどくさい”ことにも挑戦してみてください。

 

栗東校では、夏休みの期間、月曜から水曜の14時~16時までを自習時間として開放しています。

プラシーボ効果

プラシーボ効果をご存知でしょうか?

”偽薬”と言い換えても良いかもしれません。

 

私の子供の頃です。記憶が曖昧ですが…。

バスケットボールのアニメで、主人公率いるチームが格上のチームを試合することになりました。

「どうせ負けるだろう」とネガティブになる主人公チームに、監督がとある水を渡します。

「この水を飲めば120%の力を出せる」と。

その水を飲んだ主人公たちは奮闘して善戦しました。

試合後に監督がこの水は、”ただの水”だと正体を明かし、気持ち次第で普段以上の力を出せる、と気

持ちの大事さを説いた、そんな話だったと思います。

 

つまり、るろうに剣心で言うところの「精神が肉体を凌駕した状態」と同じだと思ってください。

行動のすべては気持ちに左右され、思い込み次第では行動もうまくいく、とまあ、そういう話です。

 

とあるラジオで頭痛には水分の摂取が不可欠だと聞いたことがあり、それ以降、私は一日2リットルの水分をとっています。

水と頭痛に関する繋がりの科学的根拠は知りませんが、

 

夏休みに備えて

夏休みに備えて

 

対、期末テスト

栗東校に、栗東中学校、葉山中学校の生徒がテスト前になり入れ替わり立ち代わりに訪れてくれます。

毎日、生徒が来てくれるので活気があり、大変にぎにぎしくて、私自身は楽しい限りです!!

 

しかし、中学生の生徒たちにとっては楽しい週ではないと思いますが…

 

故に、ささやかながら「うまい棒チャンス!!」なるものをさせて頂いています。

中間テストの結果よりも期末テストでよい点数を取った生徒にうまい棒をプレゼントするという、ささやかなものですが。

 

さて、本日は栗東中学校の中2の数学の予想問題をアップしておきたいと思います。

よろしかったら、やってみてください。

また、栗東校では体験学習を募集していますので、体験に参加してくれた栗東中学の中2の生徒さんには

解説付きの解答をお渡しいたしますので、ぜひにご参加ください。

 

 

ストイックに。

6月になりました。

キングオブしんどい月の6月です。

祝日がなく、雨でジトジトし、夏に向かってむしむしとして、正直しんどい月です。

 

しんどいだからと言って避けることができないのです。

避けることができるのであれば、避けたいものです。

 

先日、とあるラジオにて、パーソナリティが言っていました。

目的を決め、その目的を達成するやり方を知っている上でやらない人類を軽蔑する」と。

 

耳に痛い言葉です。私はそのパーソナリティさんに軽蔑されてしまうのでしょうね。

ただし、この言葉は完全に正論です。

特に勉強においては。

 

さて、問題はそれを実際に実行できるかどうか。この点に尽きます。

私の経験から言えば、一人では実行することは難しいと思います。

 

道を示してくれる誰か、競い合う誰か、声をかけてくれる誰か、そんな誰かが必要だと思います。

 

一人でやるのはきびしい生徒の皆さん。

栗東校では、無料体験を実施してます。

Are you ready?

先日、5月13日(土)に入試対策講座が開催されました。

個別指導baseの中3生が一か所に集まっていっせい授業という形で、受験について考えていただきました。

 

普段通っている塾とは違う場所で、さらに知らない校の生徒がいる環境で、教室全体に緊張感がありました。

私はとてもよい雰囲気だと思いました。

実際の受験もまた普段とは違う場所であり、知らない生徒が多くいる場所だからです。

 

緊張感がある場所では、普段の塾や学校の時は異なり、集中力も計算力もまた低下してしまうものです。

そんな雰囲気を体験してくれただけでも、参加してくれた価値があるように思います。

 

第一回目の入試対策講座では、

受験について(どうして受験するの、受験問題ではどんな問題がでるの、これからどんな勉強するの。)

模試について(4月に受けたものを見て、次の模試に向けて頑張ること、志望校の選び方)

過去問に挑戦(中2終了までで解ける問題)

という内容でやらせていただきました。

 

次回は7月に予定させていただいています。

新学年も1ヵ月を過ぎようとしています。

出会い

小学生、中学生の皆さん、入学及び進学おめでとうございます。

 

入学される方はもちろん、進学される方もまた今までとは違う環境になることでしょう。

新しい環境では、特に「出会い」を大切にしてください。

 

なぜなら、「人を変えることが出来るのは出会いだけ」だからです。

 

これはCLAMP先生のxxxholic という漫画で出てくるセリフの一部です。

そして、反例を思い浮かべることができない真実の言葉だと、私は思います。

 

さて、1月に新年が幕を開け、皆さん抱負を立てたと思います。

今年受験生になる新3年生ならば、勉強の抱負を考えたと思います。

4月になった今、抱負通りに物事は進んでいますか?

もしかすると、抱負自体を忘れている人もいるかもしれません。

 

でも、大丈夫。

4月は新年と同じように物事を始めるにはピッタリなタイミングです。

しかし、1月から3月までに掲げた抱負を実行に移せていない人は、いざ4月からがんばろうとしても頑張れるでしょうか。

勝って兜の緒を締めよ

先日、公立入試の結果発表がされました。

ありがたいことに栗東校の受験生、みんな合格をしてくれました。

 

これも一重に生徒自身が、自覚を持って努力をした結果だと思います。

本当におめでとうございます。

 

さて、ひと段落している皆さんに一つ釘を刺しておこうと思います。

入試が終わって高校に入学できたことがゴールではありません。

高校はゴールではなく、通過点に過ぎません。

したがって、春休みの後半になれば、浮かれた気分は閉まって気分を切り換えてください。

高校に入学すれば、まず最初に実力テストが待っていますよ。

 

最後に。

受験生の皆さん

お疲れ様でした。そして、ありがとうございます。

君たちと過ごした日々は、私にとっても良い人生経験になりました。

これからは各々の進路に向けて躍進されるように応援しています。

ページ