個別指導の学習塾base-守山校のブログ

明けましておめでとうございます。

個別指導base 守山校 吉村

 

明けましておめでとうございます。受験生は正月特訓お疲れさまでした。かなりの演習量を積めたとおもいます。私立入試まで残り1ヶ月を切りました。やるだけやって最後は「学業の神様」にお願いしましょう。私も元日に北野天満宮にお参りにいってきました。61年ぶりの京都大雪で、帰り道はすごいことになりましたが、バッチリお願いしてきました。

ちなみに境内には天神さまのお使いである牛の像が置かれています。「なで牛」と呼ばれていて「なで牛」の頭をなでると頭がよくなるといわれています。受験生でどうしても不安な人は今からでも遅くありません。頭をナデナデしにきましょう。

 

休校のお知らせ

1月12日(月)は祝日のため休校です。

年末年始休校のお知らせ

個別指導base 守山校 吉村

 

年末年始休校のお知らせ

 

12月29日(火)~1月4日(日)は休校です。

 

なお、1月3日(土)~1月4日(日)は正月特訓のため受験生のみ授業となります。

 

12月23日(火)も祝日のため休校です。

 

よろしくお願いします。

進撃キャンペーン

個別指導base 守山校 吉村

 

ただいま守山校では進撃キャンペーンを実施中です。なんと12月~3月までに友人を紹介してくれれば、特製の「進撃の巨人」図書カードがもらえます。しかも入会してくれた友人は、入会金が無料になるというお得なキャンペーンです。王家の秘密が明らかになった今、恐ることはありません。勉強に困っている方、テストの点が振るわなかった方、逆戻りで復習したい方、友達が欲しい方などがいればどんどん紹介してください。

丁寧語とは何かね

個別指導base 守山校 吉村

 

先日受けた健康診断の結果が返ってきました。なんとコメント欄には一言「太りすぎです。」と添えてありました。こんなにもストレートなコメントがあってよいのでしょうか。「です」という丁寧語になっているもののまったく敬意が感じられません。丁寧語は、言い回しを丁寧にして、話を聞いている相手や文章の相手への敬意をあらわすのではなかったのか。びっくりしました。食事制限がんばります!!

高校募集定員

個別指導base 守山校 吉村

 

平成27年度の滋賀県公立高校の募集定員が発表されました。

八日市高校が40人増。北大津高校、玉川高校、野洲高校、長浜農業高校が40人減で昨年度と比べて全体で120人減ですね。合格するためには倍率は非常に大事なものです。しかし、倍率に志望校を左右される生徒と倍率に振り回されないような強い志望校を持っている生徒では明らかにに後者のほうが強いと思います。目標・目的をもって勉強しているのですから。中1・2年生ものんびりしているとあっという間に受験生になります。志望校・自分の進む道について考えることに早すぎることはありません。現在の偏差値や点数、学校の成績から志望校を絞り込む必要はありません。自分が何をしたいのか、どこの高校に行きたいのか、まずは目標を探すことから始めましょう。

模試の活用法

個別指導base 守山校 吉村

 

模試の成績表の見方(中学1~2年生)

 

まずは偏差値から。偏差値というのは、その試験を受けた全受験生の中で、自分がどれくらいの位置にいるかを表した数値です。全体の平均を50として、そこから上下にどれだけ離れているかを示します。また、各学校の合格難易度も偏差値で表されているので、この二つを比べれば自分がその高校に合格する可能性がどれくらいあるのかわかります。模試の結果は自分の実力にあった志望校を決定するために重要な判断材料となります。

そして、気になるのはやはり合格可能性の判定ですが、それだけを見て一喜一憂することのないように。特に中1~2年生は実は見るべきところはもっと別にあるのです。むしろ合格判定よりも以下の4点のほうが大事になります。

 

①「分野ごとの正答率」・・これを見ると、自分がどの分野が得意で、どの分野が苦手なのか、おおまかな傾向がつかめます。復習するときの目安に使いましょう。

 

②「設問ごとの全受験者の正答率」・・もし正答率が高い問題で間違えたとしたら、みんなが得点する基本的な問題が取れてないということですから注意しましょう。

 

入試対策講座

入試対策講座は、学校の実力テスト・定期テストとは全く形式の異なる入試問題・Vもしでの

「点数の取り方」を生徒に体感してもらう講座です。事実、第一回入試対策講座を受講されたお子様とされていないお子様のVもしの結果は明らかに違いました。

「点数の取り方」を体感してもらうには、普段、通って頂いている教室ではなく、緊張感があり、実践形式に近い会場がもっとも有効です。次回のvもしは11月3日(祝)に迫っています。ここで結果を出さないと志望校への道は遠ざかります。そのために直前講座を受けて頂いています。

また、短いようで長い受験生活。ただ闇雲に勉強していても精神的に持ちません。

第二回入試対策講座では、中3年生という人生の勝負どころを、どう捉えて過ごしていくか。この時期に頑張ることで、将来どのように繋がっていくかなどもお話をさせて頂きながら生徒のモチベーションアップをサポートします。

日本国憲法

個別指導base 守山校 吉村

 

中3生は公民の勉強でもうすぐ政治分野も終わりそうですね。「○○権」や「憲法第○条」などが続々と登場して暗記するのが大変でした。さてさて、そこで問題です。「学問の自由はこれを保障する」とはいったい何でしょう?これは日本国憲法の中で1番短い第23条です。みじかっ!生徒諸君。学びたいことを学べるということは実はすごいことなんです。さあ、感謝の気持ちを込めて五・七・五のリズムっぽく音読しましょう。「がくもんの じゆうはこれを ほしょうする」はい。もう一度!「がくもんの じゆうはこれを・・・」

休校について

個別指導base 守山校 吉村

 

本日は台風のため学校はお休みでしたね。ちなみにbaseは夕方に暴風警報・特別警報が出ていれば休校となります。大雨警報は休校になりません。朝、暴風警報が出ていても昼頃それが解除されれば塾はありますので覚えておいてください。

今日はケアレスミス重大事件②をお届けする予定でしたが、なんとこのブログは分数が表示できませんでした。だから中止させて頂きました。どうしても聞きたいという方は教室で質問してください。代わりに今日は台風のサイズについて。台風の高さ(厚み)は約15kmです。横の広がりは数百kmに及びます。そのため台風はCDのような形で平べったいのです。高さと横の広がりの比のバランスが極端ですね。

 

※ 10月13日(月)は祝日のため休校です。なお、10月の授業回数が規定を満たすため振替はありません。

ケアレスミス重大事件①

個別指導base 守山校 吉村

 

今日はケアレスミス重大事件の一件目。一件目は「プラスマイナス」事件。これはまさに誰もが必ず「あるある」と言ってしまう事件で発生する時は2つの場合があります。

 

①「かっこをはずす」ときに発生

問題 4(x-2y)-(x-3y)  で、後半のかっこを外すとき、「-x-3y」としてしまう。

 

②「移項する」ときに発生

問題 7x-5=3x+11 これを「7x+3x=+11-5」なんてやったら目もあてられません。移項するときに符号を変えないのです。

 

ケアレスミスをしない心構え。それは「自分を疑う」ことです。ミスは誰にでも起こります。それは一生つきまとう問題です。自分を過信することなく常に疑うのです。「自分はいつもケアレスミスをする」そう心して問題に取り組みましょう。それだけですぐに10点は上がります。

ページ