個別指導の学習塾base-守山校のブログ

模試の活用法

個別指導base 守山校 吉村

 

模試の成績表の見方(中学1~2年生)

 

まずは偏差値から。偏差値というのは、その試験を受けた全受験生の中で、自分がどれくらいの位置にいるかを表した数値です。全体の平均を50として、そこから上下にどれだけ離れているかを示します。また、各学校の合格難易度も偏差値で表されているので、この二つを比べれば自分がその高校に合格する可能性がどれくらいあるのかわかります。模試の結果は自分の実力にあった志望校を決定するために重要な判断材料となります。

そして、気になるのはやはり合格可能性の判定ですが、それだけを見て一喜一憂することのないように。特に中1~2年生は実は見るべきところはもっと別にあるのです。むしろ合格判定よりも以下の4点のほうが大事になります。

 

①「分野ごとの正答率」・・これを見ると、自分がどの分野が得意で、どの分野が苦手なのか、おおまかな傾向がつかめます。復習するときの目安に使いましょう。

 

②「設問ごとの全受験者の正答率」・・もし正答率が高い問題で間違えたとしたら、みんなが得点する基本的な問題が取れてないということですから注意しましょう。

 

入試対策講座

入試対策講座は、学校の実力テスト・定期テストとは全く形式の異なる入試問題・Vもしでの

「点数の取り方」を生徒に体感してもらう講座です。事実、第一回入試対策講座を受講されたお子様とされていないお子様のVもしの結果は明らかに違いました。

「点数の取り方」を体感してもらうには、普段、通って頂いている教室ではなく、緊張感があり、実践形式に近い会場がもっとも有効です。次回のvもしは11月3日(祝)に迫っています。ここで結果を出さないと志望校への道は遠ざかります。そのために直前講座を受けて頂いています。

また、短いようで長い受験生活。ただ闇雲に勉強していても精神的に持ちません。

第二回入試対策講座では、中3年生という人生の勝負どころを、どう捉えて過ごしていくか。この時期に頑張ることで、将来どのように繋がっていくかなどもお話をさせて頂きながら生徒のモチベーションアップをサポートします。

日本国憲法

個別指導base 守山校 吉村

 

中3生は公民の勉強でもうすぐ政治分野も終わりそうですね。「○○権」や「憲法第○条」などが続々と登場して暗記するのが大変でした。さてさて、そこで問題です。「学問の自由はこれを保障する」とはいったい何でしょう?これは日本国憲法の中で1番短い第23条です。みじかっ!生徒諸君。学びたいことを学べるということは実はすごいことなんです。さあ、感謝の気持ちを込めて五・七・五のリズムっぽく音読しましょう。「がくもんの じゆうはこれを ほしょうする」はい。もう一度!「がくもんの じゆうはこれを・・・」

休校について

個別指導base 守山校 吉村

 

本日は台風のため学校はお休みでしたね。ちなみにbaseは夕方に暴風警報・特別警報が出ていれば休校となります。大雨警報は休校になりません。朝、暴風警報が出ていても昼頃それが解除されれば塾はありますので覚えておいてください。

今日はケアレスミス重大事件②をお届けする予定でしたが、なんとこのブログは分数が表示できませんでした。だから中止させて頂きました。どうしても聞きたいという方は教室で質問してください。代わりに今日は台風のサイズについて。台風の高さ(厚み)は約15kmです。横の広がりは数百kmに及びます。そのため台風はCDのような形で平べったいのです。高さと横の広がりの比のバランスが極端ですね。

 

※ 10月13日(月)は祝日のため休校です。なお、10月の授業回数が規定を満たすため振替はありません。

ケアレスミス重大事件①

個別指導base 守山校 吉村

 

今日はケアレスミス重大事件の一件目。一件目は「プラスマイナス」事件。これはまさに誰もが必ず「あるある」と言ってしまう事件で発生する時は2つの場合があります。

 

①「かっこをはずす」ときに発生

問題 4(x-2y)-(x-3y)  で、後半のかっこを外すとき、「-x-3y」としてしまう。

 

②「移項する」ときに発生

問題 7x-5=3x+11 これを「7x+3x=+11-5」なんてやったら目もあてられません。移項するときに符号を変えないのです。

 

ケアレスミスをしない心構え。それは「自分を疑う」ことです。ミスは誰にでも起こります。それは一生つきまとう問題です。自分を過信することなく常に疑うのです。「自分はいつもケアレスミスをする」そう心して問題に取り組みましょう。それだけですぐに10点は上がります。

進路について

個別指導base 守山校 吉村

 

彼岸花が咲き始めて、本格的な秋ですね。受験生でまだ進路が決まっていない生徒へ。

今、真剣に悩んだほうが良いです。悩んだ末に将来のやりたいことが決まらないとしても、高校に入ってから決めよう、大学に入ってから決めようではなく、中学生の今、なんとなく勉強するのではなく、将来のことを考えて情報を収集して理解した上で自分の進むべき道を「選択」してください。アイフォーン6も発売されたことなので、ソフトバンクの孫正義の言葉を送ります。「登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる。」

高校入試理科

個別指導base 守山校 吉村

 

本日は高校受験における理科学習の順番について説明します。まず理科という教科は、それぞれの単元で関連していないため、苦手な単元だけを勉強すれば克服できます。例えば「光」が分かっていなくても「植物」ができてしまいます。他の教科は前の単元に遡っていかないとダメなので、その点においてはかなり勉強しやすいのではないでしょうか。

中学校の理科は大きく分類して4つの分野に分かれます。物理・生物・化学・地学です。入試ではこれらの4分野がほぼ均等に出題されます。点数を上げるには生物>地学>化学>物理の順番で勉強するのが有効です。この順番は暗記をすれば点数が取れる順番です。

生物・地学が安定して点数が取れるとテスト全体の安定感がついてきます。

 

※ 9月15日(月)、23日(火)は 祝日のため休校です。なお、授業回数が規定を満たしているため振替はありません。

実りの秋

個別指導base 守山校 吉村

 

夏休みが終了しました。今日からbaseでも通常授業に戻ります。気温も低くなって、雨が多いということ以外は過ごしやすくなっています。実りの秋と言いますが、秋は夏休みにやった成果が実り始める頃です。が、しかし、ちょっと勉強したからと言って突然、点数がよくなるものではありませんのでここからまたコツコツと。

本日は9月1日で防災の日です。1923年の関東大震災の教訓により制定されました。今週いっぱいは防災週間ですので、baseでも授業中に防災訓練を行うかも知れませんよ。良い子の皆は、慌てず、落ち着いて行動してくださいね。

不等号

個別指導base 守山校 吉村

 

甲子園が終わってしまいました。近江に勝った聖光学院(福島)が、日本文理(新潟)に負けて、聖光学院に勝った日本文理が三重(三重)に負けて、日本文理に勝った三重が大阪桐蔭(大阪)に負けて、、、と。不等号にすれば、近江<聖光学院<日本文理<三重<大阪桐蔭です。全国は厳しいですね、、、。ちなみに、近江≦聖光学院とした場合は下に=が付いているので、近江=聖光学院で互角か、もしくは聖光学院の方が強いとなります。無理やり不等号の勉強に持っていきましたが、<と≦の違いをこの機会に整理しておきましょう。う~ん。近江高校、、。悔しい!!

※ 8月29日(金)~31日(日)は職員研修のため休校です。

熱闘甲子園

個別指導base 守山校 吉村

 

夏の楽しみといえば「甲子園」です。私自身は野球部ではありませんでしたが、塾の仕事を始めて、生徒に野球部がいる。野球をすることを第一優先で高校の進路を選ぶ。そして三年後に甲子園に出場している。といった経験を何度か繰り返しているうちにすっかり「高校野球」の魅力にとりつかれてしまいました。今年の近江高校は、一部では滋賀県史上最強という声も上がっているようなので、好成績を残してもらいたいですね。ちなみに甲子園通によると、近江高校の強さは予選チーム打率,491(新記録)の超強力打線ではなく、レギュラーほぼ全員が50m走6.4秒を切る超瞬足の「走塁」と全国トップクラスの「守備」らしいです。万が一、甲子園優勝なんてことになったら。ワクワクが止まりません。

ページ