個別指導の学習塾base-守山校のブログ

誉める指導

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

昨日、栗東校のそろばん教室を見学していまして改めて感じましたことを今回は書いていこうと思います。

 

昨日のおけいこには、年中さんから小学四年生までの生徒の皆さんが来てくれていました。大人しい女の子もいれば、活発な元気な男の子などいろんなタイプの生徒さんが来てくれていましたが、皆さんが共通してすごく集中して取り組んでくれていました。

講師の先生は女性の先生が二人で、生徒たちとすごくいい距離感で、すごく熱心に向き合ってくれていました。

お月謝をもらっているので当たり前と思うかもしれませんが、世の中にはそうでもない習い事や先生がいるのも現実です。我々の講師陣は全員自信を持った先生たちですのでご安心ください。

これから習い事や塾を考えようとされている方々は、先生選びも慎重にしてもらいたいと思います。

 

話は逸れてしまいましたので戻しますが、いい距離感というのを改めて感じました。

期末テスト対策

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

今年も残り二か月になりました。

2016年は皆様にとりましてどのような一年でしたでしょうか?

 

中学生にとっては今年の定期テストも残すは二学期期末テストだけになりましたね!(中三生はまだまだ沢山ありますが)

今年最後のテストをよりよい結果にできるように一緒に準備していきたいですし、来年に向けてのいい弾みをつけてもらいたいと思います。

 

その中で今回は中一生について書かせてもらいます。

四月に中学校に入学してから慌ただしく時間が過ぎていき、あっという間に二学期が終わろうとしています。そしてその二学期の学習内容がすごく難しく、今後を左右するとても重要な内容ばかりです。

数学では方程式、英語ではbe動詞と一般動詞の区別・三単現のsなど中二・三生の数学、英語で苦労している生徒の100%がこれらの内容を疎かにしていたことが原因であります。

保護者懇談会

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

2学期も中盤になってきましたので、中間テストが終わった学校や来週にある学校などさまざまですが、だいたいの学校では楽しい行事が終わった頃ではないでしょうか。

 

個別指導baseでは、10月より保護者懇談会を実施しております。その中で、いつもありがたいお言葉をいただきながら皆様に支えられていることを再認識し、毎回感謝をさせていただいております。

お忙しい中、懇談会にお越しいただきました皆様、本当にありがとうございます。

そして、これから懇談会を予定させていただいております皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 

そんな懇談会でありがたいお言葉と共に、お子様へのお悩みも打ち明けていただくのですが、今回の懇談会で多かったように感じるお悩みが“お子様の寝る時間”です。

私も常々感じていることですが、今の子供たちの寝る時間は遅く睡眠時間がすごく少ないように思います。

受験生の変化

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

現在、栗東西中学校の全学年・守山南中学校の3年生・守山中学校の3年生が中間テスト1週間前でテスト対策をがんばってくれています。

その中で、毎年のことではありますが中学3年生の変化をすごく感じる時期になってきました。意識が上がるのは当然のことですが、自己主張をする生徒がすごく増えてきました。

 

個別指導baseの生徒は、少しおとなしめの生徒が多くなかなか自分から質問ができないということで入会してくれる生徒が多いです。入会してからも自分から質問とはなかなかいかないので、我々からどんどん声を掛けていくようにしています。

毎回の授業もこちらが全てのカリキュラムを組み、生徒の皆さんはそれに合わせて進めていくというのが流れですが、今回のテスト対策では中学3年生の生徒達が「~を教えてほしい」や「~をできるようにしたい」などというように生徒の方からどんどん要望を言ってくれています。当然、我々も準備をしていますので、全てが生徒のしたいようにとはいきませんが、やっと受験生が本気になってくれたなと感じることが増えてきました。

新学期スタート&テスト対策

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

2学期がスタートして生徒の皆さんは、運動会の練習や体育祭や文化祭の練習など疲れた状況の中、登塾してくれる生徒が目立つように思います。

1年に1回の行事が目白押しですので、生徒の皆さんも勉強以外の学校のお話しをしてくれることが多くなってきます。話していても堂々と話している様子は、学習面では見られない一面がすごく逞しく感じられます。

 

そんな行事の多い生徒にとっては楽しい2学期ではありますが、今までのブログにも書いてきましたように、学習面では応用の内容が増えてくる本当に危険な時期に入ってきたなと思っております。

年度末には多くの生徒さんが体験にお越しいただくのですが、その中でほとんどの保護者の方が言われますのが、「2学期から点数が下がってきた」ということです。「だけど2学期は行事が多くなかなか体験に行けなかったが、3学期はもっとひどいことになってしまったので急いで来ました」という方がすごく多いです。

オリンピックから受験へ

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

日が経つのは早いもので、夏休みも残り一週間をきり、オリンピックもあっという間に終わってしまいましたね!

 

あっという間のオリンピックでしたが、感動するシーンが今回は個人的にすごく多かったような気がします。メダルの数も過去最高ということも素晴らしいことですが、それ以上に日本の代表としてプレッシャーの中で戦っている姿に男女問わず格好よさを感じました。

 

体操男子団体の金メダルや女子卓球の銅メダル、400mリレーでの銀メダルやバトミントン女子の金メダルなど普段はあまり見たことのないスポーツの素晴らしさを感じることができましたし、それぞれの選手のこれまでの努力の過程を知りより感動できたように思います。

 

お休みのご案内

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

8月11日(木)~8月16日(火)

この期間、教室はお休みになりますので、よろしくお願い致します。

 

夏休みも中盤に入りましたので、生徒の皆さんもそろそろ学校の宿題を本格的に進めてくれているように思います。夏休みに入る前は、「7月中に終わらせる」や「計画的に進めていく」ということを話していましたが、なかなか現実的にはそうもいかないものですね!私も学生時代を振り返りますと、宿題を後回しにしていて夏休みの後半は苦労した経験のほうが強くあります。

そんな私が理想だけを訴えて強制していても、生徒の皆さんのためにはならないと思っておりますので、生徒の皆さんには目標や目的を持ってもらいたいと思います。大人も子供も同じですが納得しないと行動に移せないと思いますし、目標や目的がなければ成長や成果には結びつかないと思います。

そんな中、受験生の意識がすごく変わってきたことをすごく嬉しく感じています。

読書感想文

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

夏休みがスタートし1週間がたちました。宿題を早々に終わらせた子もいればまだ夏休みが始まったばかりということで全く宿題に手をつけていない子などさまざまですが、長いようであっという間の夏休みですので、皆さんには計画をしっかりたて有意義な夏休みにしてもらいたいと話しています。

 

この1週間でのお問い合わせもすごく沢山いただきました。ありがとうございます。

成績表が出てやらなければと感じたお子様もいれば、部活を引退したのでここから受験に向けて切り替えていくという受験生など、やはり夏休みの重要性は皆様ご存知かと思います。夏休みが終わったときにどのように変化しているかはそれぞれの努力次第ですが、1年で1番学習面において成長できる時期がこの夏休みになりますので、募集も残り若干名ですが夏期講習会をお考えの方は是非お早めにご相談いただきたいと思います。

 

夏休みがスタートし授業のほうでは、読書感想文を塾生の方々に書いてもらっています。

読書感想文は現在学校の宿題でも選択性という学校が多く、読書感想文を選ばない子がすごく増えているように思います。

勝負の夏休み

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

来週よりいよいよ夏休みですね!お子様たちにとりましては、1年間で1番楽しい時期ではないでしょうか!!そんな楽しみな夏休みを楽しいだけでは過ごせないのが、受験生になります。

個別指導baseでは、夏期講習会がすでにスタートしていますので、受験生はほぼ毎日来てくれるようになりました。

1学期を振り返っての作文を書いてもらい、それぞれの反省から夏休みにがんばることを考えてもらっています。1,2年生の復習などそれぞれに自分の課題もわかってきていますので、夏休みの目標はみんながすぐに書けていました。ここまでは受験生であればみなさんできることですが、問題はそれを誘惑に負けずに実行できるかです。

入試前に志望校を下げなければいけない生徒や入試前に後悔を口にする生徒のほとんどが

 

“夏休みにもっとがんばっておけばよかった”

 

ということを口にします。

だからこそこれから夏休みを迎える受験生には、後悔しないような夏休みにしなければいけないぞと毎日のようにしつこく言っています。

“わかったつもり”をなくす夏期講習会

個別指導baseのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

1学期も残すところ1ヶ月をきりました。個別指導baseでは、来週7月4日(月)より夏期講習会がスタートします。

1学期は、新学年のスタートということもあり比較的テストの点数もとりやすかったようにも思いますが、それでも前学年の内容の疎かな部分から点数を落としてしまったということも多々あったのではないかと思います。

 

生徒とのやりとりでよくこのように声をかけることがあります。

 

「このできなかったものは夏期講習会でできるまでやろう」

「受験に向けて夏期講習会では○○をやろう」

 

このような言葉掛けは、誤解を招くこともあります。わからないものを何故夏期講習で今ではないのかと思うこともありますので、ひとつひとつ何故かを説明します。

ページ