個別指導の学習塾base-野洲校のブログ

インプットとアウトプット

 

 個別指導base野洲校の山村です。あっという間に11月に入りました。

今年ももう残すところ2ヶ月を切っています。アンビリーバボーですね。

期末テストも近いので、各々気合を入れていきましょう!

 

 さて、前回インプットとアウトプットの話を少ししました。

小学生の大半が九九を覚えられるのはこのインプットとアウトプットの繰り返しが頻繁に行われるからです。

そして、これは中学校の勉強にも通ずると言えます。

中学校でも小学校と同じ頻度でインプットとアウトプットをする機会があれば、多くの中学生が基本的な計算の仕方や英単語などは覚えられると思います。

ですが、中学校は基本的に宿題がなく、インプットやアウトプットをする機会も小学校と比べると圧倒的に少ないです。

定期テストの前だけは嫌でも提出物や課題をやらなくてはいけないので、その時はインプットやアウトプットをしているわけですが、純粋に量が足りていません。

本当はこれの2倍3倍やらなくてはいけないと思いますが、たった1週間では現実的に不可能です。

 

九九の日

 

 個別指導base野洲校の山村です。今日は9月9日、「九九の日」ですね。

そんな日ないよ!と思われるかもしれませんが、本当にあります。スタップ細胞ではありませんが。

この「九九の日」は、九九が計算の基本を表すことから、「もう一度、基礎、基本を見直して、初心に戻って物事に取り組んでもらう日」という位置づけになっています。

かけ算は世界各国で教え方が異なり、日本では一の段から九の段までを完璧に暗唱できるようになるまで繰り返し練習させられますが、アメリカやイギリスではかけ算の表を書いて覚えるそうです。

また、インドでは9×9ではなく19×19の二桁のかけ算まで教えていて、これがインド人の数学やIT技術の優秀さの要因になっていると言われています。

 

 九九は忘れたくてもなかなか忘れませんよね?中学生の大半は九九ができると思います。過去に中3生で九九ができない子もいましたが、割合でいうとかなり少数です。

それは何故かというと、皆小学校低学年のうちに嫌というほどやらされて、忘れてはまた覚えさせられて、そしてそれを普段からずっと使ってきたからです。

希望

 

 個別指導baseの山村です。本日7月最終日です。早すぎて信じがたいです。

野洲の小学校は明日から夏休みですね。中学生はもうしばらく学校があるようですが、テストも終わりひとまず一段落といったところです。

…と思いきや、夏休みはわずか10日ほどしかなく、その間読書感想文等の宿題もあり、休み明けはいきなりテストがある模様。。。

なかなかに鬼畜な仕様で、今の学生さん達は本当に大変な状況下にさらされていると思います。

仮に自分が生徒さんの立場だったら、この難を上手く乗り切れる自信がないのが正直なところ。

それでも不平・不満を言わず、きちんと毎日学校へ登校して塾にも通っている皆さんは本当に素晴らしいです。

 

 新型コロナウイルス感染拡大により学校が休校になり、その結果夏休みがなくなりました。

中学校や高校においては部活動の大会もなくなり、目標を掲げられずモチベーションを維持することが出来なくなりました。

毎年旅行へ行っている方も、今年はさすがに自粛せざるを得ないでしょう。

GO TO キャンペーンを利用するにしても、現地の人には歓迎されなかったり、何かと不安を抱えながらの旅行になってしまいます。

5月を終えて

 

 個別指導base野洲校の山村です。

5月7日より授業を再開させていただいてから早3週間が過ぎました。

全国の緊急事態宣言も解除されるに至り、徐々にですが日常を取り戻しつつあります。

もちろん、まだまだ安心はできませんし、引き続き感染予防対策は必要になりますが、皆さんと塾でお会いする機会が増えてほっとしております。

5月は人数調整に伴い、時間や曜日が変わったり、振替で午前中に来ていただくこともありました。

その甲斐もあり、なんとか5月の全日程を終え、6月を迎えることが出来ます。

皆さんのご協力に感謝します。ありがとうございました。

 

 さて、5月は登校日もちらほらとありましたが、来週より本格的に学校がスタートしていきます。

本来ならば、例年通り4月は予習中心に進めて5月末の中間テストに備えられるわけですが、今回は大幅に予定が変更となることが予想されます。

ですから、どのタイミングでどの単元をやればいいか、現状なかなか判断が難しいところではあります。

学校の授業がストップしている間、ただ闇雲に予習をすればいいというわけではないですからね。

休校のお知らせ

 

 個別指導base野洲校の山村です。

ゴールデンウィーク直前ということで、本来ならば生徒の皆さんと「どこどこに行く」や「なになにをする」といった話で盛り上がるはずの今日、塾はお休みです。

理由は言わずもがなですね。。。

皆さんにはすでに書面でお渡ししていますが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、『緊急事態宣言』が全国に発令されたことを受け、本日から5月6日(水)までを休校とさせていただきます。

5月7日(木)から再開予定となっていますが、野洲市の小・中学校は現時点で5月末までの休校が決まっているため、まだ実際のところどうなるかはわかりません。

変更があればまた改めてお伝えする形になりますし、開校する場合は普段よりも時間を延ばして、人数を限りなく少なくした上で授業をさせていただこうと考えています。

連日コロナ関連のニュースを見ていると、あるひとつの事柄に対して何が正しくて何がダメなのか時々わからなくなってくることがあります。

一人ひとり考え方もとらえ方も違うわけで、きっとそこにいる全員が満場一致で納得のいく答えを出すことはほぼ不可能なのでしょう。

コロナウイルスと入試(と自分)に打ち勝て

 

 個別指導base野洲校の山村です。3月スタートです。滋賀県公立入試まで今日を入れて8日となりました。

とうとう2つの手で数えられるところまで迫ってきましたね。もう後戻りは出来ません。

ここまで来たら自分を信じて当日を待つしかないんですが、そうは言っても皆さん不安でたまらないと思います。

そのうえ、新型コロナウイルスの影響で学校は入試直前にも関わらず休校になってしまうという不安のWパンチです。

これは本当に前代未聞の出来事で、生徒の皆さんも保護者の皆さんも戸惑いを隠せないことと思います。

 

 そこで、我々塾陣の出番です!

学校が機能していない今だからこそ、皆さんの学習面はもちろん、メンタル面のケアも兼ねて通常通り塾を開校する次第です。

受験生の皆さんにとっては「今」が一番大事な時です。

そんな時に周りに頼れる人が誰もいないのは、心底心細いことでしょう。

我々講師陣は、少しでもそんな皆さんの支えになれればと思い、今日も授業を進めています。

大丈夫です。安心して最後までついてきて下さい。

 

決戦は月曜日

 

紅葉見に行こうよう

 

10%

 

 

ページ