継続は力なり

 

皆さん、中間テストお疲れ様でした。

教室では、テスト直しをしている時期だと思います。

 

テストの結果が良かった人も悪かった人もいたと思います。

 

まずは、結果を受け止めることが大事です。

言い訳をしても何も始まりません。

 

今回の結果を、自分が行動した結果だと認識して下さい。

 

そして、次回に向けてどうすればいいのか?考えてみましょう。

 

結果を変えるためには、行動を変えることが大切になります。

 

まずは何から行動を変えるかを考えてみて下さい。

つぎに、次回までにやることを書き出してみて下さい。

 

よく皆さんが書くのが、

 

・次回は4000点以上を狙う

・テスト一週間前から始める

・毎日こつこつやる

 

などなど。

よくある次回の目標だと思います。

 

ただ、長年教室で子供たちを見ていると、ほぼその目標は達成できません。

 

なぜかというと、目標が分かりにくいからです。

それとテストまでに自信と達成感が生まれないからです。

 

では、どうすればいいかというと

自分に自信を持つために、どう行動するかということです。

 

題名にもあげましたが、

ここで大事なポイントは、まずは継続できる小さな目標からたてることです。

 

例えば、

・毎日5個、英単語を覚える。

・毎日ワークを2ページやる

・毎日30分机に座る

 

などになります。

それを毎日達成すると、不思議と達成感が生まれてきます。

そうすると自信につながり、次の日はもっとやってみようと考えるようになります。

 

仕事にも同じことがいえるので、大人になっても役に立つ力となります。

 

まずは、勉強以外の目標でもいいので、何か継続してみることを考えて、実行してみて下さい。

 

一年間継続できれば、それは習慣になるので、自ずと力はついています。

 

次回のテストに向けて、継続できる計画を今の内から実行してみて下さい。

 

教室に笑顔でテストを持ってくるのを、楽しみにしています。